雨上がり アスファルト 新しい靴で

泣きたい時だって 笑う時だって 何でもない時だって “自分”のままでいたいだけ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

大変でした。 




もう、こんな経験はしたくありません。















顔の中心から奥の方に向かって数えて8番目の歯。


それが親知らずです。


ヒトは28本の永久歯があり、チンパンジーなどは32本。


だから、進化の過程で退化したのではないかと思うのですが。


でも、中には親知らずがちゃんと生えれば、


それぞれ歯の役割をするとか聞いたことがあるので


退化とはいえないのですかね…。






その親知らずですが、


20歳ごろから上の歯から生え始め、


大学生・大学院生のときに上2本、下1本の計3本を抜きました。


そして月日は流れ、約4年。


先日の高熱後、最後の親知らずが腫れはじめ


小さいころから行きつけの歯医者へ。




あ、そうそう。


親知らずを抜いたのは静岡にいた頃だったんだけど


結構腕のいいお医者さんに抜いていただいたので


ちょっと不安だったんだよね。






そして、歯医者へ行ったのが2月19日。


歯医者へ行って、事務のお姉さんにみとれて、


レントゲンを撮って、医者が一言。





『うちでは無理だね』





え、マジで(((( ;゚д゚)))







レントゲンを見た結果、親知らずにかぶる白い影。







医者 『もしこれが骨ならうちで治療できないんだよね』




思いすごしだったらいいんだけど


もし歯茎切ったときに骨だったら


うちで抜けないから、施設の整った大きな病院で


抜いてもらってね、とのことで。


どっちにしろ切らなきゃいけないから大きな病院へ、とのこと。








そこで、2月26日、大学病院に行くことに。








しかし、ここで問題が。







腫れ、もうひいたんだよね








1週間ほど痛みが続いたのち、気がつけば腫れもおさまり


普段と変わらずおいしくご飯をいただけていました。


だから、正直行かなくてもよかったんだけど


紹介状まで書いてもらったし、行かなきゃだめだよねw






ということで、行きました。


担当医は、見た感じぼくより年下の女医さん。


つまり、計算上は…研修医?






女医『親知らずを抜く日は一番早くて4月17日です』


そう言われて、そんな先なんだ、と思った矢先


我が家のぽっちゃりした人が20年くらい年とった感じの医者が


『○○先生、3時半ごろからならいけるよー』


という言葉を後ろの方から投げかけてきた結果


その日に抜くことになりました。


親知らずの抜歯手術。


4時開始。















奮闘する研修医と若いお兄さん。


麻酔が効いてきている

















はずなのに、切り開いた歯茎は痛くないのに


親知らずに触れると激痛が。


結局、麻酔を打ちなおすこと3回くらい。


時間にして2時間。


終了したのが6時過ぎ。


計2時間。


抜いた親知らずは見た目がだるま。


下の方が肥大していて、抜きにくかった、とのこと。




若いお兄さん 『レントゲン見た瞬間、絶対難しいって思ったけどね。』





と、研修医にフォロー。


研修医のお姉さんも一生懸命頑張ってくれました。


でも、この親知らず、お兄さんが交代して必死に引っ張って


2時間かかったくらいだから難しかったんだよね。







消毒して、縫って、来週(3月5日)抜糸ねって予約して。


経過観察のためにあさって(2月28日)に来てねってなったんだけど…。




-- 続きを読む --
スポンサーサイト
日記 /  Trackback -- /  Comment 10

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。